最後に編集されたのは 管理者
15.11.2020 | 歴史

眼鏡屋は消えた 第21回鮎川哲也賞受賞作

  • 44 読みたい
  • 96 現在読んでいるもの

発行元 森谷明子 .

    Download 眼鏡屋は消えた 第21回鮎川哲也賞受賞作 本 Epub や Pdf 無料, 眼鏡屋は消えた 第21回鮎川哲也賞受賞作, オンラインで書籍をダウンロードする 眼鏡屋は消えた 第21回鮎川哲也賞受賞作 無料で, 本の無料読書 眼鏡屋は消えた 第21回鮎川哲也賞受賞作オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 眼鏡屋は消えた 第21回鮎川哲也賞受賞作 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  山田彩人
    • レーベル:  創元推理文庫
    • シリーズ名:  第21回鮎川哲也賞受賞作
    • 発売日:  2014年10月16日
    • 出版社:  東京創元社
    • 商品番号:  4744401100000
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    青春時代の甘く切ない事件を、ハイテンションの筆致で綴る、第21回鮎川哲也賞受賞作。


    部室で目覚めると、8年間の記憶が失われ高校時代に逆戻り。あたしを先生と呼ぶ生徒のおかげで、母校で教師をしているらしいことは分かった。しかも親友の実綺は高2の文化祭直前に亡くなっているなんてーー。二人で演劇部として『眼鏡屋は消えた』を上演させるべく盛り上がっていたのに何が原因で? 今年の文化祭で念願の『眼鏡屋は消えた』を実演させるため、あたしは事件の真相を探ることを頼んだ。もっとも苦手とする、イケメンの同級生・戸川涼介に。


    【著者紹介】

    山田彩人(ヤマダアヤト)

    1967年東京都生まれ。シナリオライターを経て、2011年、『眼鏡屋は消えた』で第21回鮎川哲也賞を受賞しデビュー。著作はほかに『幽霊もしらない』『少女は黄昏に住む マコトとコトノの事件簿』『今宵、喫茶店メリエスで上映会を』がある。

あなたも好きかもしれません

眼鏡屋は消えた (創元推理文庫) by 森谷明子 ダウンロード PDF EPUB F2