最後に編集されたのは 管理者
12.11.2020 | 歴史

二人であることの病い パラノイアと言語 (講談社学術文庫)

  • 3 読みたい
  • 81 現在読んでいるもの

発行元 荒谷大輔 .

    Download 二人であることの病い パラノイアと言語 (講談社学術文庫) 本 Epub や Pdf 無料, 二人であることの病い パラノイアと言語 (講談社学術文庫), オンラインで書籍をダウンロードする 二人であることの病い パラノイアと言語 (講談社学術文庫) 無料で, 本の無料読書 二人であることの病い パラノイアと言語 (講談社学術文庫)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 二人であることの病い パラノイアと言語 (講談社学術文庫) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  ジャック・ラカン
    • 訳者:  宮本忠雄, 関忠盛
    • レーベル:  講談社学術文庫
    • シリーズ名:  二人であることの病い パラノイアと言語
    • 発売日:  2017年04月07日
    • 出版社:  講談社
    • 商品番号:  4310000036162
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    フロイト精神分析を構造主義的に発展させ、20世紀の思想潮流にあって、確固たる地位を占めたラカン。本書は、ラカン最初期の1930年代に発表された五篇の論考を収録。「症例エメ」「≪吹き込まれた≫手記」「パラノイア性犯罪の動機」の三篇は、症例報告の記録性があり、明澄ですらある。現代思想の巨人の哲学の出発点を探るための必読書である。

あなたも好きかもしれません

二人であることの病い パラノイアと言語 (講談社学術文庫) by 荒谷大輔 ダウンロード PDF EPUB F2

電子書籍とは、つゆ知らず購入してしまいましたが・・・持ち運びに便利!
初期のラカンの作品であり、比較的読みやすいです。後期の作品は、難解ですが・・・