最後に編集されたのは 管理者
13.11.2020 | 歴史

現代戦争論―超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ - (ワニブックスPLUS新書)

  • 2 読みたい
  • 50 現在読んでいるもの

発行元 高橋洋一 .

    Download 現代戦争論―超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ - (ワニブックスPLUS新書) 本 Epub や Pdf 無料, 現代戦争論―超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ - (ワニブックスPLUS新書), オンラインで書籍をダウンロードする 現代戦争論―超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ - (ワニブックスPLUS新書) 無料で, 本の無料読書 現代戦争論―超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ - (ワニブックスPLUS新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 現代戦争論―超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ - (ワニブックスPLUS新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  渡部悦和, 佐々木孝博
    • レーベル:  ワニブックス【PLUS】新書
    • シリーズ名:  現代戦争論ー超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ -
    • 発売日:  2020年09月10日
    • 出版社:  ワニブックス
    • 商品番号:  4910000110359
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    新書として復刻され注目を集めた『超限戦』。

    人民解放軍の現役大佐(当時)による、目的のためには手段を択ばない「なんでもあり」の戦争論は世界に衝撃を与えた。


    元陸上自衛隊陸将、元海上自衛隊海将補の二人の著者が、この「超限戦」へのアンチテーゼとして、「超限戦」を超えた21世紀の新たな戦い、現代戦の様相と考え方、そして「超限戦」に対抗するために日本が進むべき道を提言する。


    発行:ワニ・プラス

    発売:ワニブックス

あなたも好きかもしれません

現代戦争論ー超「超限戦」- これが21世紀の戦いだ - (ワニブックス【PLUS】新書) by 高橋洋一 ダウンロード PDF EPUB F2

この本は、21世紀の新しい戦争の仕方は、「情報、宇宙、サイバー、電磁波、AI」での戦いになるとしています。一つ一つに対して、詳しく、解説しているので、平和ボケの日本人は、よく読んだ方がいい本に仕上がっていますね。
この本では、中国、アメリカ、ロシアの新しい戦争のやり方を実践している国を分析して、それに対して、どのように、日本が対応すればいいかを書いていますね。また、「情報、宇宙、サイバー、電磁波、AI」をどのように組み合わせをしているのか、書いていますので、わかりやすいですね。
特に、ロシアがクリミア半島を侵略したのは、このような新しい戦争のやり方をして、簡単にクリミア半島を取ったので、世界が新しい戦争に、警戒するようになったとしていますね。
日本は、これまで、日米同盟だけを守っていれば、大丈夫と思っていましたが、オバマ大統領が世界の警察官を止めると言い出して、中国の南シナ海の基地化を許し、トランプ大統領が日米同盟を止めると発言してきたので、自主防衛をしないといけない状況に追い込まれています。
しかし、日本の防衛予算は、GDPの1%の5兆円と決まっていますから、十分に、新しい分野に投資する予算がありません。したがって、新しい戦争のやり方をまず知って、重点的に予算を配分していかないといけないといけません。
また、中国が太平洋の半分を取ろうとして、新しい戦争のやり方を実践してくるので、日本は、防衛費を使えない分、日米豪印(日本、アメリカ、オーストラリア、インド)で、アジア版NATOを作って、防衛だけでなく、外交で、中国に対抗していますね。
ともかく、日本は戦後、75年間、幸運にも平和であったので、戦争が75年前で、思考が停止しています。戦争をしない方が良いに決まっていますが、戦争に巻き込まれないようにするには、武器や新しい戦争のやり方をしっかりと、学んで、特に、「中国、ロシア、北朝鮮」に、隙を見せないようにする事が大事です。国際政治では、力の空白があれば、すぐに、独裁国家が侵略してくるので、日本も仮想敵国には、隙を見せない様に、新しい戦争のやり方を身に着け、しっかりと、外交・安全保障を備えることが大事ですね。
ただ、永遠の人類の課題ですが、情報機関を強くすれば、国民のプライバシーを侵害するので、情報とプライバシーをしっかりと、バランスを取る事が大事ですね。