最後に編集されたのは 管理者
14.11.2020 | 歴史

かなづかいの歴史 日本語を書くということ (中公新書)

  • 34 読みたい
  • 31 現在読んでいるもの

発行元 今野真二 .

    Download かなづかいの歴史 日本語を書くということ (中公新書) 本 Epub や Pdf 無料, かなづかいの歴史 日本語を書くということ (中公新書), オンラインで書籍をダウンロードする かなづかいの歴史 日本語を書くということ (中公新書) 無料で, 本の無料読書 かなづかいの歴史 日本語を書くということ (中公新書)オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 かなづかいの歴史 日本語を書くということ (中公新書) 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  今野真二
    • レーベル:  中公新書
    • シリーズ名:  かなづかいの歴史 日本語を書くということ
    • 発売日:  2015年01月16日
    • 出版社:  中央公論新社
    • 商品番号:  4912971940001
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    中学・高校の古文の授業で私たちは「歴史的かなづかい」に出会い、例えば現在「カワ」と発音する語がかつては「かは」と書かれたことを知る。なぜ発音と表記は違うのか、表記はいかに揺れてきたのか。仮名が生まれた十世紀の『土左日記』に始まり、藤原定家の「定家かなづかい」、中世の実用的な文書、契沖のかなづかい。そして明治期の小学校教科書や野口英世の母の手紙まで。「かなづかい」でたどる日本語の歴史。

あなたも好きかもしれません

かなづかいの歴史 日本語を書くということ (中公新書) by 今野真二 ダウンロード PDF EPUB F2