最後に編集されたのは 管理者
16.11.2020 | 歴史

加藤一二三名局集

  • 80 読みたい
  • 21 現在読んでいるもの

発行元 加藤一二三 .

    Download 加藤一二三名局集 本 Epub や Pdf 無料, 加藤一二三名局集, オンラインで書籍をダウンロードする 加藤一二三名局集 無料で, 本の無料読書 加藤一二三名局集オンライン, あなたは無料で、余分なお金を費やす必要なしに(PDF、epub)形式でここにこの本をダウンロードすることができます。以下のダウンロードリンクをクリックして、 加藤一二三名局集 書籍のPDFまたはエパブ無料.

    商品基本情報

    • 著者:  加藤 一二三
    • 発売日:  2015年11月25日
    • 出版社:  マイナビ出版
    • 商品番号:  5700000001585
    • 言語:  日本語
    • 対応端末:  電子書籍リーダー,Android,iPhone, iPad,デスクトップアプリ

    エディションノート


    **※この商品は固定レイアウト型の電子書籍です。


    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。**


    加藤一二三棋士生活60年の集大成。


    14歳7カ月でプロ四段、18歳でA級八段。タイトル獲得8期、棋戦優勝23回。本書は「神武以来の天才」と呼ばれた男、加藤一二三が棋士生活60年で築き上げた1300勝1100敗のうち、本人が名局に選んだ123局を解説つきで収録するものです。


    初タイトルとなったのは第7期十段戦、大山十五世名人との対決。本人曰く、「この十段戦に勝って棋士として生涯やっていける自信と、棋士という仕事に対する信念を得ることができた」と言っています。中原十六世名人との第40期名人戦は将棋史に残る十番勝負。最終局、詰みを発見した加藤九段は思わず声を出したといいます。また本書では、つい6カ月前に見つけたという幻の一手も披露しています。


    その他、小学生のころから目をかけていたという升田実力制第四代名人、加藤九段がライバルだと思ってきた二上九段、序盤は光るものがあったという米長永世棋聖、さらに谷川、羽生、渡辺といった次世代の棋士たち。60年棋士を続けてきた加藤九段ならではのバラエティに富んだ対戦相手たちとの名勝負をあますところなく収録しています。将棋ファンならぜひ手元に置いておきたい記念碑的一冊です。

あなたも好きかもしれません

加藤一二三名局集 by 加藤一二三 ダウンロード PDF EPUB F2